レーザー脱毛より光脱毛の方が優れているポイント

レーザー脱毛より光脱毛の方が優れているポイントは、施術範囲が広いところです。 レーザー脱毛の光は一直線にしか当たりません。 一方、光脱毛の光は拡散して当たるので、広範囲を一気に施術することができます。 たとえば、背中や脚などの大きなパーツを脱毛する場合、光脱毛の方が優位です。

値段が安いのも光脱毛の優れているポイントです。 医療機関ではキャンペーンや割引が行われることはほとんどありませんが、脱毛サロンではキャンペーンや割引などを積極的に展開しています。 レーザー脱毛と比べると、光脱毛の方が安い値段で脱毛することができます。

レーザー脱毛は、短期間での脱毛が可能で、光脱毛よりも脱毛効果は高いです。 永久脱毛効果も高く、医療機関が行うので、肌トラブルがあった時でも安心ですが、どうしても費用が高くなります。

光脱毛は、広範囲を短時間で施術することができ、肌への負担が小さいので痛みも少ないです。 何より、値段が安いです。 脱毛効果では、光脱毛はレーザー脱毛よりも劣りますが、施術範囲の広さと値段の安さでは、優れています。

大阪のおすすめ脱毛サロン | 横浜でおすすめの脱毛サロン | 名古屋 脱毛サロン

レーザー脱毛は永久脱毛なの?

レーザー脱毛は永久脱毛なのでしょうか。 レーザー脱毛は、光脱毛よりも出力が高いので、限りなく永久脱毛に近いと言えます。 しかし厳密に言うと永久脱毛ではありません。

毛の発生を抑えながら、肌の生理機能を損ねないようにするのが、レーザー脱毛の原理です。 相反する二つの条件を同時に満たさなければならないので、減毛と言った方がいいでしょう。 その方が皮膚にとっても安全なのです。

レーザー脱毛は減毛ですが、毛の数が減ると共に、1本1本が細く短くうぶ毛のようになります。 ほとんど目立たなくなり、場合によっては毛が完全に生えてこなくなる場合もあります。 しかし、毛包と脂腺の両方を完全破壊せずに、毛包のみを破壊するので、レーザー脱毛が与える効果は永久減毛というのが正しいです。

永久に1本も毛が生えてこないというのが永久脱毛であるなら、レーザー脱毛は永久脱毛ではありません。 但し、米国電気脱毛協会による、高い減毛率を長期間にわたり維持し、最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛、という永久脱毛の定義と照らし合わせれば、レーザー脱毛は永久脱毛と言えるかもしれません。

料金の安さで選ぶならレーザーよりも光脱毛

レーザー脱毛の場合、医療機関で受けることになるので、料金はどうしても高くなります。 レーザー脱毛は光脱毛よりも料金が割高で、施術できるお店(クリニック)も限られてきます。 医療レーザー脱毛は、効果が出るのが確実で早いのですが、料金が高いです。

レーザー脱毛は、美容外科や皮膚科などの医療機関でしか認められていません。 光脱毛と仕組みは同じなのですが、出力レベルが高く、脱毛サロンよりも、幅広い毛質に対応していて確実に施術ができます。 効果が高いことで有名です。 ただ、その分、レーザー脱毛は光脱毛より、肌トラブルの危険が高くなります。

脱毛サロンでは、光脱毛が主流で、脱毛したい部位に特殊な光を照射していきます。 メラニン色素に反応するようになっていて、レーザー脱毛と仕組みは同じなのですが、光脱毛は出力レベルが低くなっています。 レーザー脱毛と比べると効果が出るまでに時間がかかるのですが、出力レベルが低いので、肌トラブルの危険性は低いです。

光脱毛の光には美肌効果があるので、脱毛しながら美肌ケアができます。 何より、料金の安さが大きな魅力です。 料金の安さで選ぶならレーザーよりも光脱毛です。

更新履歴